RevPi Core Sシリーズ・SEシリーズ

RevPi Core Sシリーズ・SEシリーズ

RevPi Core S/SEは産業用ラズベリーパイ RevPiベースモジュールの標準モデルです。組込み用Raspberry Pi Compute module 4Sを搭載し、電源はDC24V、外部インターフェースとしてLAN, 2x USB2.0、マイクロHDMIを備えています。
ソフトウェアPLC CODESYS®のプレインストールも可能です。
RevPi Core S/SEでラズパイを製造現場に簡単に導入できます。

RevPi Core S / RevPi Core SE 製品仕様

搭載Raspberry PiCompute Module 4S (CM4S)*
プロセッサBroadcom BCM2711,
クアッドコア Arm Cortex-A72 1.5GHz
RAM1GB LPDDR4
フラッシュオンボード eMMC 8/16/32GB 選択
OSRaspberry Pi OS
インターフェース1 x 電源入力コネクタ
2 x USB Type-A(最大電流は2つあわせて900mAまで)
1 x RJ45 10/100Mbps Ethernet
1 x Micro-USB (eMMCへの書き込み専用)
1 x Micro HDMI : HDMI 2.0a(4K)
拡張インターフェース**2 x PiBridgeシステムバス(黒)
LEDPower:正常(緑)、異常(赤)
A1,A2:カスタム使用可能LED(緑/赤)
電源入力範囲DC12~24V -15%/+20%
消費電力約10W
使用温度範囲-25~55℃
保管温度範囲-40~85℃
使用湿度範囲93%(結露なきこと)
保護等級IP20
ハウジング材ポリカーボネート
外形寸法(HxDxW)96 x 22.5 x 110.5 mm(突起物含まず)
重量約115g
ESD保護4kV/8kV (EN61131-2, IEC 61000-6-2)
EMIEN61131-2, IEC 61000-6-2
EMSEN61131-2, IEC 61000-6-2
認証CE、RoHS、UL
設置方式DINレール取付

*CM4Sの新しいCPUはカーネル5.10でのみサポートされていることにご注意ください。

**RevPi Core Sシリーズ とSEシリーズは使用できる拡張モジュールに違いがあります。
・Sシリーズ: 拡張用I/Oモジュールおよびフィールドバス用Gateモジュールに対応。
・SEシリーズ:拡張用I/Oモジュールのみ対応。フィールドバス用Gateモジュールは非対応。
(フィールドバス用Gateモジュールについては個別にお問い合わせください)

オーダー情報

Sシリーズ部品番号
RevPi Core S eMMC 8GBモデル72PR100359(CODESYS®搭載モデル72PR100359C01)
RevPi Core S eMMC 16GBモデル72PR100360(CODESYS®搭載モデル72PR100360C01)
RevPi Core S eMMC 32GBモデル 72PR100361(CODESYS®搭載モデル72PR100361C01)
SEシリーズ部品番号
RevPi Core SE eMMC 8GBモデル72PR100365(CODESYS®搭載モデル72PR100365C01)
RevPi Core SE eMMC 16GBモデル72PR100366(CODESYS®搭載モデル72PR100366C01)
RevPi Core SE eMMC 32GBモデル 72PR100367(CODESYS®搭載モデル72PR100367C01)
オプション部品番号
RevPiスタートアップ用電源キット
(ACアダプタ+コネクタ)
72PRP0WK01

データシート

近日公開